鍵を無くした場合にすること|【ドアの修理情報まとめ】ドアノブ修理で大切なドアノブ選び

鍵を無くしてしまったら鍵開けのプロのもとへレッツゴー!

鍵を無くした場合にすること

キー

警察に届け出をしておく

帰宅した際に鍵を開けようと思ったらどこを探してもない、オフィスの大事な書類をしまっている棚の鍵を無くしてしまったなど、さまざまな鍵トラブルがあります。まず鍵を無くしてしまった場合は警察に届けなくてはいけません。鍵を無くしたからといって何もせずにいると他の人に拾われてしまうという不安を感じながら生活をしなくてはいけません。もし自宅を知っている空き巣などに拾われてしまったらとても危険です。警察に届けることで、鍵が届けられた場合に連絡をもらうこともできるので少しでも不安を取り払うことができるのではないでしょうか。

鍵開け専門業者に連絡する

自宅の鍵をなくしてしまっては家に入ることができません。車や倉庫などの鍵をひとまとめで持ち歩いている方はその全ての鍵を開けることができなくなってしまいます。また、オフィスでも大事な書類を取り出すことができない状況になってしまいます。その場合はいち早く鍵開け専門業者に連絡しましょう。プロの鍵開け業者は短時間で鍵を開けることができるのですぐにその場の鍵トラブルは解決することができます。

立ち寄った場所を確認する

鍵をなくした日にどのルートを通ったのか思い出してみましょう。駅を通ったなら落とし物で届いていないか確認することもできます。コンビニや飲食店など、記憶をたどってみましょう。通った駅やコンビニ、他の店舗などには、落とし物で届いていないかの確認の他に、届いたら連絡をもらえるよう連絡先を伝えておくと良いでしょう。

見つからない場合は鍵の交換を

どんなに探しても鍵が見つからない場合は鍵の交換をおすすめします。他に鍵を持っている人がいたり、スペアキーをつくられている可能性があるとセキュリティー面で危険といえます。オフィスの場合も、外部の人が社員に紛れて入ってきてしまう可能性もあります。そのような危険な状況を防ぐためにも鍵の交換は大事な防犯に繋がります。鍵交換の際にも業者が頼りになりますよ。