ドアノブの修理|【ドアの修理情報まとめ】ドアノブ修理で大切なドアノブ選び

多いドアノブのトラブル!壊れたら業者に交換を依頼しよう

ドアノブの修理

ドア

ドアノブが壊れたら

一言でドアノブと言っても、そのドアノブの種類はさまざまです。自宅のドアノブが壊れてしまった場合、自分で修理を行うという方もいるでしょう。しかし、ドアノブの交換は知識がないまま行うと、交換するドアノブと種類が合わなかったり、うまくドアの開け閉めができなくなってしまう場合があります。ドアノブの交換方法がわからない方は、まずはドアノブを交換してくれる業者に連絡してみましょう。

専門業者にドアノブ交換を依頼しよう

ホームセンター等にもドアノブは販売されていますが、簡単に取り付けられる仕組みな分、壊れやすいという難点もあります。専門業者は、使用する場所の環境に合わせて丈夫なドアノブを取り付けられるようさまざまなドアノブ部品を用意しています。

ドアノブ交換を業者に依頼する流れ

まずは壊れているドアノブの状態を確認し、業者に連絡して状況を伝えます。費用などを聞いたら、作業の日程を決めてドアノブの交換作業に来てもらいます。交換が完了したら業者の方と一緒にチェックし、問題なければ作業は終了です。その後、修理にかかる費用を支払って完了という流れになります。

ドアノブの種類

ドアノブには、リビングなどに出入りするドアによく使用されているレバー型のものや、玄関などによく使用されている回す式のものなどさまざまな種類があります。この回す式のドアノブには2種類の違った作りのものがありますが、それぞれ見分けがつきにくいので交換の際は専門知識のある業者に依頼することをおすすめします。

家庭で多いドアノブトラブルBEST3

no.1

鍵穴にものが詰まる

一番多いのが「鍵穴にものが詰まる」というトラブルです。お子さんのいる家庭でよく起こるトラブルで、お子さんが鍵穴に枝などの細いものを詰まらせて鍵が刺さらなくなってしまったという状態です。このような状態になってしまってはドアを開けることができなくなってしまいます。いち早くドアノブ交換の業者に相談しましょう。

no.2

ドアノブが空回りする

ドアノブが古くなっていたり、強い衝撃を与えてしまうと内部の部品の組み合わせがズレて「ドアノブが空回りする」というトラブルも起こります。このトラブルも非常に多く、第2位に選ばれました。

no.3

ドアノブが動かなくなる

「ドアノブが動かなくなる」というトラブルも多く、第3位に選ばれました。このトラブルもドアノブの空回りの状態と似ていて、内部の部品が関係しています。動かなくなる前にドアノブの調子が悪くなったりすることもあるので、ドアを開けられなくなる前にドアノブ交換の専門業者に依頼してみましょう。